2008年08月15日

イドラ

現在の人々は400年前の人にも勝てはしない。

【知は力なり】の言葉で有名な

フランシス・ベーコン

は、実に私たちを呼び覚ましてくれる哲学者だ。


彼が述べた4つのイドラ(偏見・先入観)は、
科学的に判断するにあたって、基本中の基本。


いや、人生において、分岐路が現れたら、
それに忠実であるかないかにより、
大きく人生が変わるであろう。


@種族のイドラ

見たことをそのままに信じること

A洞窟のイドラ

慣習、または性格などにより形成された主観性による判断

B劇場のイドラ

権威に対する盲目的な服従

C市場のイドラ

言葉のあやによる、偏見的な判断



種族のイドラはまさに、超常現象をすべて信じ込む人で

例えば、UFOが本当に地球外から訪れた異性人だと思い、
本気でコンタクト試みようとしているの
何度かみたことがあるが、一度もコンタクトできるどころか
UFOさえも現れない。

で、そのコンタクト方法が、それこそ、地球の呪術的な方法で、
宇宙から飛んでくるテクノロジーを有してる来訪者に対して

果たして、コンタクトができるのか謎であるが。


そして、超常現象の否定派には

劇場のイドラタイプが多く見受けられる。

某、大学教授がUFOの存在を否定しているから
その意見の判断よりも大学教授が言った事という権威に追従する。


科学を追及したら、追及するほど、根本的な壁にぶち当たる。

例えば、DNAは情報媒体であるが、
生命が偶然によってもたらされたのなら、
DNAは偶然の文字の配列。

しかしながら、それは【読み手】が初めて存在して
その偶然性は(まあ、確率的にはとんでもない偶然だけど)
微弱ながらありえるということ。

つまり分かりやすく言えば

我々日本人が、コンピュータでランダムに文字を出し、
そして、やっと、偶然に万葉集と同じ配列になったとしよう。

そしたら、その文章を【意味を持って】読むことができるが、
これが、日本語ではなく、古代ヘブライ語あたりだと

意味を持った文章が出来上がったとしても

永遠に読むことが出来ない。


つまり、生命誕生の偶然性はありえないことになる。

DNAの存在により。





真の科学者ほど、神の存在を信じている。
そして、真の霊能者も、客観性(真の科学)を大事にしている。
posted by アスタロス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象を判断するにあたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

言葉について

例えば

UFO

これはそのように判断された結果の
抽象的な言葉だ。

同じく

プラズマ

これもだ。


そこで、ある物を発見して
ある人はUFOと言い
ある人はプラズマと言った。

でも、そのある物は変化はしないということ。

でも、客観的に話を聞くと
UFOだったと言われたら
そのように思い、
それが後日、プラズマだと言われたら
そのように思う。

これが人類全体の判断を狂わせる。
だから、共通無意識で、同じ特徴の同じ未確認の物が
違う精神の中で生み出される。

で、言葉は定義であり、言葉で森羅万象について、
真実を探ろうと言うことは、まことに不可能である。

なぜなら、言葉に支配されている者が多いから。

はっきり言って
プラズマもUFOもよく意味が分からん、
というか、これを正確に答えられる者は存在しないぞ。

まだ、はっきりとしたことでない物に対し
それぞれの見解で名付けた言葉であるから。

だから、UFOと呼んでいても
それをプラズマと呼んでも
同一のものがあるかもしれないし、
また、自然現象的な判断で下しているプラズマでも
実際、精神を持ったものであるかもしれない。
UFOも宇宙人が乗ってそうだけど、実は
それこそ、まだ知られていない自然現象かもしれないし
高層圏で、雪が固まったものとか、
光の一定の反射、風が実はある条件に達すると
円形の物体を光の屈折で生み出すかもしれない。

まあ、言葉に縛られなくなると想像はつきないね。
posted by アスタロス at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象を判断するにあたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

宇宙船と呼びたい物、者。プラズマと呼びたい物、者。

で、言葉は象徴にすぎなく

ある者が、未知なる宇宙船を指してUFOと呼ぶ。
また、ある者は、宇宙船を指してプラズマと呼ぶ。

逆もまた然りで
ある者が、プラズマを指してUFOと呼んだら
違う者が、それを指してプラズマと呼んだ。

これが言葉であり、言葉に捕らわれすぎると
判断力が間違いなく低下する。

その実体を指している言葉が受け止める側によって変化をもたらすからだ。

簡単に
A君はPSPを持っているとしよう。
で、そこにゲームにうといC君がA君のゲーム機をみて
それはゲームを知らない者でも有名なDSだろうと判断し
A君はDSを持っているよとB君に伝えてしまう。

すると、B君はA君はDSを持っているものだと判断する。


まず、この単純な人の認知力のことを念頭において
超常現象は解決してゆかないといけないのに対し、
肯定派も否定派もあまりその事が書かれた文章、意見がない。

大体、プラズマって見たことがある人がいるのか?
筆者、いままで生きてきてないぞ。

だのに、否定派はすべて、解決できないような現象を
プラズマ現象で片付けてしまおうとする。

単純に
プラズマ発生率=未確認物体発生率
の図式が成り立たない、圧倒的に未確認物体の発生率の方が多し。

そして、
また、肯定派も度がすすむと
熱烈的にのめり込みだす。

地球から何千光年離れた場所からやってきた宇宙人が
どうのこうのとか、
また、それが現実的にありえないと悟りだすと
地球の内部にある別次元の世界の住民が地球にやってきてとか

いや、待て。
次元が違うのに
こちら側からいけない場所が向こう側から訪れることは単純に可能なのか?

全く別次元、別世界の者がもし他の世界に訪れたりしたら
筆者、その時点で即死してしまうと予測するが。

地球上でも深海は地上とは別世界。
で、深海魚を地上にあげたら即死するだろ、気圧の差によって。


で、散々、両論をけなしているような筆者であるが
実は、皆が思ってるUFOは存在すると思っている。

単純な推論で
それは、火星、月などで地球に訪れやすい場所からの
訪問者と、単に人間が作り上げた秘密兵器であると思う。

で、よく一昔前はUFOが発生した後、着陸した後の場所を測定すると
放射能反応が激しく出たといっていたが

おそらくそちらがその未熟なテクノロジーのUFOは
人間が開発したUFOだろう。
posted by アスタロス at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象を判断するにあたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。