2008年08月07日

肯定派にも否定派にも真理が見えてこない

肯定派にも否定派にも真理が見えてこない
【場合】が多いのが超常現象の議論においてであり

肯定派は一般的には宗教家
否定派は一般的には科学者

の枠組みに収まる。

でも、互いに真理を追究しようとはしない場合が多く、
超常現象を信仰する者は誰がなんと言おうと信じている。
信仰しない者も既成概念だけの科学を信仰としている者達だ。

つまり両者、主観的な場合が多い。

この為に100ある超常現象の中で
99がガゼ、1つが本物の場合があっても
自分の信仰する神を信じるから
ガゼさえも本物、また、本物さえも偽者として
主観的に決め付けてかかっている。


そしてその言い分がおかしい時が多い。

例えば、宇宙人に関して。

今では一般的に連想するのはグレイと呼ばれる、
灰色の目だけがとても大きい小柄の宇宙人が誰もが思う宇宙人であるが
ほんの数十年前には
目撃談に【よれば】それはそれは多種多様な宇宙人が存在したものだ。

3メートルを越す独特の外観の宇宙人然り、
また、金髪で美形の地球人と同じ姿をした金星人然り。

あと、ロボット型の宇宙人も非常に多く目撃談で寄せられていた。

でも、現在は宇宙人とはグレイに統合されてしまったかのようだ。

今、彼らはどこへ?


また、科学的にも

かつて、火星は死の星であり、何もないようなことを言っていたが、
どんどんと小出しに生命の痕跡があるだの、
メタンから生み出される物質が生命が存在しないと
ありえないほどの量が火星に存在していたりと

ついこの前までは、絶対に火星には
青空がないと言い張っていたのに、
【一時的に】そのような空の状態もありますとのことだ。

しかも、それらはすでに最初の探査機が火星に到着した際に
おそらくは分かっていたことであろう。





真実とは自分の判断力だ。

そしてそれには
創造論も進化論も宗教も科学も
相反する二つのものが必要とする。
posted by アスタロス at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。