2008年08月04日

中庸の心理

筆者自身も不思議な体験はしたことがあるが、
私はかなり理知的な人間であり、

不思議なことで認めること
認めないことを追求している。


もう、認めざるを得ないことは
誰もが知っているエジプトのピラミッドなど
確実に存在するものだ。


一般名称で言われている
クフ王のピラミッドは現在でも作ることが不可能である。
現在の重機が果たして石を吊り上げれるかどうか
疑問であるが、
日本の某企業がクフ王のピラミッドは作れると豪語したことがある。

そこで、現在のテクノロジーを駆使したら
もしかしたら出来るかもしれないけど
今日まで【誰一人】匹敵するピラミッドを作成していないとみると

それは実際には作れないという結論に達する。


ピラミッドが作れるかどうか技術面だけで判断するのではなく
それを作る国家もしくは何かしらの集団、システムがまず、
第一条件として必要とするのに、
ピラミッドを作れる作れないの議論はいままで技術面だけに
留まっている。


もし、現在、暇つぶしでピラミッドを作成する企業が
現れたとしても、今度はクフ王ピラミッドの時代の
テクノロジーに合わせて作成できるかどうか。

もう、ふたつの巨大な難関があるので
結論的にはほぼ作れないに等しい。


そんな不思議な構造物が存在するが、
あまり世界は確実に存在するものには
関心が薄いともいえる。

世界中の誰もがピラミッドは不思議だな〜って
わめかないのに対し、

幽霊など不確実な存在をみた人は強く意識する。
posted by アスタロス at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。