2008年09月13日

それは偉大なる者か、ペテン師か。

霊能者、霊媒者のたぐいを判断するにあたって

してはいけないことが

真実の追究である。

真実を追究しようとする者ほどこそ、
真実とはなんたることかを理解さえしていない。


例えば、真実を追究したらこうなる。


なんか、とても高名らしい霊媒者に対して
実際、筆者が(アスタロス自身である)

まだ、生きている者の名をつげて霊媒者に交霊してしてもらった所、

なんと、すでに死んだ者の霊として、霊能者の中に出現したらしい。

で、黙って話を聞いていると
なんとなく万民に当てはまるようなことばかり言う。

例えば
あなたはとても悲しく思っているだろうが
なんたらかんたら〜・・・・・・で
言葉を抽象的に表現するのは巧みだ。

この辺はとても、心理士の誘導的な発言にも似ている。


で、筆者はとてもあなたに呼び出してもらった霊は
うちの親でまだ生きているんですが
(なんか、結構罰当たりな行為ですね(笑
と言いたかったが

まあ、最初から期待もしていなかったので。


でも、ここでその霊媒師を判断してはいけない。
ここでの判断が真実への判断であり、

こういった類のことに関して
人が一番必要とすることは道徳的な判断。

例えば、ちらりとあげたが
心理士と霊媒師とは非常に近いものがある。

それは、患者、遺族に向けての
【心の開放をはかるべき存在】であり、
時として嘘さえも彼らにとっては手段でもある。

目的の問題であり、それらの者が
心から患者のまた、遺族の心を和らげたいと思っての
行為なら、彼らの存在はとても必要なものであり

そこに主観をおくべきである。


あっ、そうそう、
筆者が知り合った中で、ただひとりだけ
例外的な霊能者がいた。

この話ものちほどしよう。
posted by アスタロス at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽霊現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。