2008年08月24日

北海道某市に・・・。

北海道は幽霊現象多発地帯だ。

北海道は血の歴史がある。

古くは
先住民族のアイヌ人と戦闘を繰り広げ、
また
北海道開拓時には奴隷のように扱われた人々、
タコ部屋の話は一度は聞かれたことがあるかと思う。


そのような歴史と自然の険しさが
より、追い詰めるかもしれない、精神を。


さて、今回お話しするスポットは
北海道の某市にあるマンション、
そこは数階建てのビルであるが、
出来た当時から今日まで、
入居者が非常に少ない。

ちなみにここはあの故宜保 愛子氏が
訪れて、除霊しようにもどうしようもなかったという
いわくつきのマンションだ。


このマンションが建つ前は
病院であり、院長がすごく浮気者であって
その奥さんが病院内で首吊り自殺したとの噂話がある。

その話の真意は定かではないが、
病院があったことだけは事実だ。


で、ここまで話したらそのマンションを知っている者もいるかもしれない。

だから、今回は
その説明はこのぐらいにして

私、実はそのマンションに入居していた人を
間接的に2人知っている。


そのうちの一人が
夜中に女のすすり泣く声がして、即、引越しをした。

そして、もう一人は
なんの現象も見られなかったそうだ。


私が判断するに・・・

女の泣き声だけでそれが霊現象と判断するのは
いささか、浅はかだ。
マンションのほかの入居者が
単に泣いていただけかもしれないし。


ちなみに筆者も

誰も存在しないところで人の声を聞いたことがある。

その物理学的メカニズムを次回、挙げてゆこう。
posted by アスタロス at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽霊現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。