2008年08月04日

中庸の心理

筆者自身も不思議な体験はしたことがあるが、
私はかなり理知的な人間であり、

不思議なことで認めること
認めないことを追求している。


もう、認めざるを得ないことは
誰もが知っているエジプトのピラミッドなど
確実に存在するものだ。


一般名称で言われている
クフ王のピラミッドは現在でも作ることが不可能である。
現在の重機が果たして石を吊り上げれるかどうか
疑問であるが、
日本の某企業がクフ王のピラミッドは作れると豪語したことがある。

そこで、現在のテクノロジーを駆使したら
もしかしたら出来るかもしれないけど
今日まで【誰一人】匹敵するピラミッドを作成していないとみると

それは実際には作れないという結論に達する。


ピラミッドが作れるかどうか技術面だけで判断するのではなく
それを作る国家もしくは何かしらの集団、システムがまず、
第一条件として必要とするのに、
ピラミッドを作れる作れないの議論はいままで技術面だけに
留まっている。


もし、現在、暇つぶしでピラミッドを作成する企業が
現れたとしても、今度はクフ王ピラミッドの時代の
テクノロジーに合わせて作成できるかどうか。

もう、ふたつの巨大な難関があるので
結論的にはほぼ作れないに等しい。


そんな不思議な構造物が存在するが、
あまり世界は確実に存在するものには
関心が薄いともいえる。

世界中の誰もがピラミッドは不思議だな〜って
わめかないのに対し、

幽霊など不確実な存在をみた人は強く意識する。
posted by アスタロス at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

肯定派にも否定派にも真理が見えてこない

肯定派にも否定派にも真理が見えてこない
【場合】が多いのが超常現象の議論においてであり

肯定派は一般的には宗教家
否定派は一般的には科学者

の枠組みに収まる。

でも、互いに真理を追究しようとはしない場合が多く、
超常現象を信仰する者は誰がなんと言おうと信じている。
信仰しない者も既成概念だけの科学を信仰としている者達だ。

つまり両者、主観的な場合が多い。

この為に100ある超常現象の中で
99がガゼ、1つが本物の場合があっても
自分の信仰する神を信じるから
ガゼさえも本物、また、本物さえも偽者として
主観的に決め付けてかかっている。


そしてその言い分がおかしい時が多い。

例えば、宇宙人に関して。

今では一般的に連想するのはグレイと呼ばれる、
灰色の目だけがとても大きい小柄の宇宙人が誰もが思う宇宙人であるが
ほんの数十年前には
目撃談に【よれば】それはそれは多種多様な宇宙人が存在したものだ。

3メートルを越す独特の外観の宇宙人然り、
また、金髪で美形の地球人と同じ姿をした金星人然り。

あと、ロボット型の宇宙人も非常に多く目撃談で寄せられていた。

でも、現在は宇宙人とはグレイに統合されてしまったかのようだ。

今、彼らはどこへ?


また、科学的にも

かつて、火星は死の星であり、何もないようなことを言っていたが、
どんどんと小出しに生命の痕跡があるだの、
メタンから生み出される物質が生命が存在しないと
ありえないほどの量が火星に存在していたりと

ついこの前までは、絶対に火星には
青空がないと言い張っていたのに、
【一時的に】そのような空の状態もありますとのことだ。

しかも、それらはすでに最初の探査機が火星に到着した際に
おそらくは分かっていたことであろう。





真実とは自分の判断力だ。

そしてそれには
創造論も進化論も宗教も科学も
相反する二つのものが必要とする。
posted by アスタロス at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

空想の物体、想像の産物

かつて、さまざまな宇宙人が存在していたはずなのに
現在の目撃証言だとなぜかグレイタイプの宇宙人が圧倒的に多い。

H・G・ウェルズの本が流行していたときは
火星人と言えば、タコ型のあの宇宙人を連想し、
現在では爬虫類?両生類?系のグレイタイプの宇宙人を誰もが連想する。

もう、オオサンショウウオを知らない人がそれを見たら
宇宙人と思い込むかもしれない。


で、論点はどうでもいいことなのだが
最重要なこととしては、

なぜ、目撃されるのがその時代により変化するのか?

=集団的に想像される


幽霊問題にしてもそうだ。

日本の【昔の】幽霊としては
足がないのが特長だったのに、今は平気で足がある。

足はいつ頃から生え出したのか?

およそ、100年前には
エクトプラズムが心霊現象の主流であったのに
デジカメ時代ではオーブと呼ばれる
小さな球体に取って代わってしまった。

今ではエクトプラズムは見たことがないし、
また、オーブはデジカメが主流になってから出回り始めた。


それはデジカメ特有の癖という見解の方が理に適っていないか?

また、オーブの発生原因は
ハウスダストと呼ばれる塵がフラッシュに反射して写りこんだものが
大半だと言われている。

それよりも何も
機能的には人の目も、カメラも大差ない仕組みなので
どっちでも見えてよいはずだと思う。

だけど人の目には映らずにカメラには写りこむらしい。


ちなみに球電と呼ばれる科学でもちゃんと認められている現象があるが、
こちらは人の目にもカメラにもちゃんと写りこむ。

いや、オーブよりもこちらの方が不思議だ。
そして、それは意図的な動作をするらしい。
まるで意識があるような動きをする時があるそうだ。

でも、電気が流れている以上、あいまいな動作をするものだ。
電気は動物にも流れているから。
posted by アスタロス at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確実な異界〜ミステリースポット(アメリカ)

もう、あやふやな現象よりも
誰もが不思議な現象を体験できるスポットが
アメリカ、サンタクルーズ近郊に存在する。

http://www.mysteryspot.com/maps.html

こちらの公式サイトを訪問して
写真を見てほしい。

重力場の異常、空間にゆがみが発生して
身長の異なるふたりの写真が、ふたりの立ち位置を入れ替えて
2枚掲載されているが、身長が入れ替わって写真に写っている。

また、ここの場では植物の生え方にも異常があり、
この写真であげられている小屋を中心に渦巻き型の方向で
植物が生長しているらしいのだ。

さらにタバコの煙も一定の流れにそって渦巻いてゆく。


で、これらのことはここに訪れたら誰もが体験できること。

そして、科学ではいまだ説明もできないこと。


科学では説明できないのに、
中途半端な不思議現象は、科学者達はここぞとばかりに
非難するが、あまり、確実なものに対しては
無関心になる。

そう、付け入る隙がないから。


まあ、単純にだ。
工場でも使用されている触媒効果。

触媒とはある物質に変化をもたらす物質のことをいい、
それは化合するのではなく、単に置いているだけでも
変化を与える、一種の錬金術みたいな効果らしい。

筆者も触媒については分からないので
どこかで調べてもらいたい、
でも、科学できちんとした説明はいまだ出来ていない現象だ。

これも科学では説明も出来ない不思議な現象なのに
平然と皆、使用している。


さて、今日の科学を名乗る者に至らないものは何か?

それは客観性と論理性、そして神の存在を信じること。
神の存在とは物事の本質である。

本質を追求するのを忘れたために、
100%おこる現象には目をそむけ、
あいまいな現象に、批判する。
posted by アスタロス at 22:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 異界への扉〜物理法則無視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

イドラ

現在の人々は400年前の人にも勝てはしない。

【知は力なり】の言葉で有名な

フランシス・ベーコン

は、実に私たちを呼び覚ましてくれる哲学者だ。


彼が述べた4つのイドラ(偏見・先入観)は、
科学的に判断するにあたって、基本中の基本。


いや、人生において、分岐路が現れたら、
それに忠実であるかないかにより、
大きく人生が変わるであろう。


@種族のイドラ

見たことをそのままに信じること

A洞窟のイドラ

慣習、または性格などにより形成された主観性による判断

B劇場のイドラ

権威に対する盲目的な服従

C市場のイドラ

言葉のあやによる、偏見的な判断



種族のイドラはまさに、超常現象をすべて信じ込む人で

例えば、UFOが本当に地球外から訪れた異性人だと思い、
本気でコンタクト試みようとしているの
何度かみたことがあるが、一度もコンタクトできるどころか
UFOさえも現れない。

で、そのコンタクト方法が、それこそ、地球の呪術的な方法で、
宇宙から飛んでくるテクノロジーを有してる来訪者に対して

果たして、コンタクトができるのか謎であるが。


そして、超常現象の否定派には

劇場のイドラタイプが多く見受けられる。

某、大学教授がUFOの存在を否定しているから
その意見の判断よりも大学教授が言った事という権威に追従する。


科学を追及したら、追及するほど、根本的な壁にぶち当たる。

例えば、DNAは情報媒体であるが、
生命が偶然によってもたらされたのなら、
DNAは偶然の文字の配列。

しかしながら、それは【読み手】が初めて存在して
その偶然性は(まあ、確率的にはとんでもない偶然だけど)
微弱ながらありえるということ。

つまり分かりやすく言えば

我々日本人が、コンピュータでランダムに文字を出し、
そして、やっと、偶然に万葉集と同じ配列になったとしよう。

そしたら、その文章を【意味を持って】読むことができるが、
これが、日本語ではなく、古代ヘブライ語あたりだと

意味を持った文章が出来上がったとしても

永遠に読むことが出来ない。


つまり、生命誕生の偶然性はありえないことになる。

DNAの存在により。





真の科学者ほど、神の存在を信じている。
そして、真の霊能者も、客観性(真の科学)を大事にしている。
posted by アスタロス at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 超常現象を判断するにあたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ビックフット発見と騒がれているが

MSNの映像ニュースで
ビックフット発見したというニュースを目にしたが

いつもああいう探検家は数枚の写真にしか収めなくて
残念だと思う。
(今回は2枚)

2枚写せるということは、もっと写せると言う事が可能なのに。
(撮影者が気がつかずに偶然的に捉えた映像であれば数枚が限度であろう)

でも、筆者は存在すると思う。

初めてゴリラが発見されたときも
わずか、一世紀前のことであるし、
誰もが知っているシーラカンスもピグミー象も
発見されるまでは未確認動物であったから

ビッグフット、イエティなどの未確認動物は
そんな異形でもないし、いてもおかしくはない。
類人猿タイプの動物は現段階でも何種類いるのか、
思う以上に存在しているであろう。


posted by アスタロス at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 未確認動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

北海道某市に・・・。

北海道は幽霊現象多発地帯だ。

北海道は血の歴史がある。

古くは
先住民族のアイヌ人と戦闘を繰り広げ、
また
北海道開拓時には奴隷のように扱われた人々、
タコ部屋の話は一度は聞かれたことがあるかと思う。


そのような歴史と自然の険しさが
より、追い詰めるかもしれない、精神を。


さて、今回お話しするスポットは
北海道の某市にあるマンション、
そこは数階建てのビルであるが、
出来た当時から今日まで、
入居者が非常に少ない。

ちなみにここはあの故宜保 愛子氏が
訪れて、除霊しようにもどうしようもなかったという
いわくつきのマンションだ。


このマンションが建つ前は
病院であり、院長がすごく浮気者であって
その奥さんが病院内で首吊り自殺したとの噂話がある。

その話の真意は定かではないが、
病院があったことだけは事実だ。


で、ここまで話したらそのマンションを知っている者もいるかもしれない。

だから、今回は
その説明はこのぐらいにして

私、実はそのマンションに入居していた人を
間接的に2人知っている。


そのうちの一人が
夜中に女のすすり泣く声がして、即、引越しをした。

そして、もう一人は
なんの現象も見られなかったそうだ。


私が判断するに・・・

女の泣き声だけでそれが霊現象と判断するのは
いささか、浅はかだ。
マンションのほかの入居者が
単に泣いていただけかもしれないし。


ちなみに筆者も

誰も存在しないところで人の声を聞いたことがある。

その物理学的メカニズムを次回、挙げてゆこう。
posted by アスタロス at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽霊現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

人がいないのに・・・聞える声・・・

さて、ほんの30年ほど前か、

こんな現象が実際に起こったらしい。

それは北国でのことである。
雪の降頻る中、北国ではどんどんと暖房を焚き、
家の中では温かく過ごしている。

しかし、その中のある一軒家で

外よりも背筋が寒くなる現象が起こった。



どことなく、声が聞えてくる・・・

それは家族の声ではない、
聞いたことがない声だ・・・。

そして、一家の主は
その声の居所を突き止めようと耳をすました。

その声はストーブから聞えてきた!



この現象はまれに起こる可能性がある現象で
昔の雪国では暖房対策として
室内の煙突を家の中を張り巡らすように
長く取り付けてある家もあった。

そして、その煙突に【ラジオの電波】が乗っかって
ストーブ内で増幅され、人の声が聞えてきたのだ。

そして、ラジオほどには正確に受信できないので
時としてうめき声みたく聞えてきた。


電波の性質を知らないと、これはまさに幽霊現象に思えてくる。

で、筆者は【知ってて】、幽霊現象みたいな声を家で何度も聞いている。


音楽を志す者ならば、知っているであろう、ミキサーと呼ばれる装置がある。
それはいくつもの配線(マイクとか、楽器とかの)をまとめて
ひとつにする機械であり、これがないとCDやらは作成ができない
非常に重要な機械である。

で、その機械を筆者は自宅に有しているが、
それ・・・たまにタクシー無線を拾ってしまう、そして、
音楽と一緒に奇妙な声が聞えてくるというわけだ。
なお、この場合は、わりとはっきり聞えるときがあるので、
「○○町何丁目」とか、会話の内容でタクシーだということが分かった。

また、シンセサイザーと呼ばれる電子楽器の中には
FM方式で音を出すものがあり、それが
FMラジオの音を拾う場合もある。


で、よく呪いのCDみたいな
奇妙な声が聞こえると噂になったものがあるが、
大半が何らかの原因があり、
それを解明したら納得がいく現象であると思う。

実際、あまりに有名だった某歌手の霊の声が入っていると噂のCDは
そのときのミキサー(先ほどの機械を操作する者もこう呼ばれる)
が、なんてことはない、別トラックに吹き込んでいた
コーラスの音を少量で重ねたら、
そのような、幽霊の声みたく聞こえただけと言った。

現在は今後このような呪いのCDが出てきたら
単に話題性を狙ってわざと幽霊の声を入れることが多いかもしれない。
posted by アスタロス at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 幽霊現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

音の【不】指向性

そう、先に
筆者は、オカルト信心者でもなければ
否定論者でもない。

まあ、音に関してはプロフェッショナルの域ではあるが。

で、前々回のブログで挙げた
筆者が体験したことといえば、

それは前回のブログの話ではなく
筆者が幼少の頃の体験である。

母の知人の家に泊まりに行った時、
夜中、トイレに入ったら
トイレの穴の中から
低音で会話する
人の声が聞こえてきたということだ。

汚い話になるが
昔のトイレといえば今みたいな水洗式ではなく、
コンクリートでできた溜まり場があり、
そして、その溜まり場から換気するための管がでているが、

まあ、今、当たり前に考えると
外で誰かが話していた声がその管を通って
コンクリートで共鳴してトイレの中から声が聞こえてきただけのこと。


でも、それは筆者が5歳ぐらいの時の経験なので
とても恐ろしく感じた。




今の時代はDVD(もはやブルーレイに移り変わろうとしているが)
全盛期なので、5.1サラウンドシステムを導入している家庭もあるかもしれない。

あの映画館での臨場感を体験できるからね。


そこで5.1とは何が5.1なのかご存知だろうか?

スピーカの個数が6個あり、
前方にセンター、レフト、ライトに3つ設置、
後方にレフト、ライト2つ設置、
さらに前方に低音だけ再生するためのウーハーを設置。

5は普通のスピーカーを指し、0.1はウーハーを指す。

そこでなぜウーハーはLRと二つ設置しないのか?
の疑問がでてくると思うだろうが、

低音は人間の聴覚上
どこから鳴っているか分かりにくいから
ひとつで十分という理論のもとで
サラウンドシステムは生み出されている。


で、壁を越えて鳴りやすいのは低音だし、
低音はどこから鳴っているのか方向性が把握しにくいから

聴覚だけでの判断というのは
時として誤った判断を下すということ。
posted by アスタロス at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 疑問点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主イエズスの御名において問う!おまえの名はなんと言う?名を名乗れ!

タイトルはエクソシストのお祓いの仕方だ。

まず、悪魔に対して名を名乗らせて従順させることから始まる。
悪魔とは名を名乗らないものであるからね。


で、筆者、
九字も切れるし、いろいろなお祓いの仕方も知っている。

しかし、

一度たりとて、幽霊は見たことがないが。


そんな者にとっては、まさに無用の知識だと思うだろう。

しかし、知識とはその事だけにではなく、応用してこそ
初めて役立つものである。

例えば、超常現象否定論者が
九字も切れない、宗教も知らないでやみくもに否定することは
如何な事であるか?

否定するからには自分の思想とは相反することの知識を
最低限持ち合わせていないと、

それは非常に説得力に乏しい、
時として、単に負け犬の遠吠えのように聞こえる。


で、筆者と言えば
ちょうど中間地点を彷徨う者である。

幽霊は見たことがないが
でも、とても不思議な経験は二度ほどしたことがある。


で、そのうちの一回は
超常現象の知識を有していたから生還できたような出来事があった。


それを次回話すとしよう。

信じようと信じまいと。
posted by アスタロス at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 筆者のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。